大黒摩季「ら・ら・ら」

www.youtube.com

BACK BEATs #1

BACK BEATs #1

 

 

第39回ABCお笑いグランプリ

 

ゲスト漫才

 

霜降り明星(漫才「ボクシング」)

とろサーモン(漫才「あいさつ」)

かまいたち(漫才「心理テスト」)

 

Aブロック

 

さや香(漫才「さるかに合戦」)

東京ホテイソン(漫才「入学式」)

ラフレクラン(コント「カラオケ」)

濱田祐太郎(漫談「視覚障害者」)

 

Bブロック

 

からし蓮根(漫才「ホスト」)

ゆりやんレトリィバァ(コント「ロケのディレクター」)

フタリシズカ(コント「不登校」)

ファイヤーサンダー(コント「ダイイングメッセージ」)

 

Cブロック

 

蛙亭(コント「犬と過ごす休日」)

ビスケットブラザーズ(コント「オークション」)

●ハナコ(コント「再現」)

●たくろう(漫才「人間ドッグ」)

 

勝戦

 

東京ホテイソン(漫才「水族館デート」)

ファイヤーサンダー(コント「無人島」)

蛙亭(コント「宅配ピザ」)

 

 

 

 

各組一言感想

 

さや香

 

つっこみの人のベテランのような落ち着きがいい。今年もこのパターンで行くのかな。自分はチュートというよりダイアンの漫才を思い出す。

 

東京ホテイソン

 

霜降りやホテイソンのネタってちょっと易しい所があって自分にはそれが物足りなく感じるのかなあなんて思う。フレーズ勝負のようで全体構成があるし爆発力もあって2組ともM-1決勝有力候補だとは思うけど。

 

ラフレクラン

 

意外と賞レース向きのネタだったんだなと。KOC審査員好みではないだろうけど。

 

濱田祐太郎

 

何かしらの工夫がないとしんどくなるかもしれない。

 

からし蓮根

 

ボケの子の存在感が増して来た。ネタのセンスは去年から変わらず非凡なものがある。バランスがいいし今回の中では一番M-1決勝に近いと思った。

 

ゆりやんレトリィバァ

 

やるならもっとひどくしてくれないと。

 

フタリシズカ

 

ネタの内容と容姿の雰囲気がすごく合っている。ナンセンスな世界は自分好み。

 

ファイヤーサンダー

 

二本目のネタはKOCで上手く嵌りそうな予感。

 

蛙亭

 

このあとのビスケットブラザーズもそうだけど、あらびき団やオールザッツ、昔のKOC決勝のような芸人受けするようなバカバカしさがあっていい。自分は二本目が好きだった。

 

ビスケットブラザーズ

 

コントは演出がすごく大事なんだなと思った。初見という事もあって自分にとっては印象的だった。後半物足りなさはあったけど。 

 

ハナコ

 

ありそうでなかった新しい発想のコント。ネタの性質上、仕方ないけど時間が掛かってしまうのはこういう大会だと不利。

 

たくろう

 

オーソドックスなようでどこか異質で個性的。二人の持ち味の良さに加えてネタの内容が抜群に良かった。今年のM-1のダークホースになりそう。

 

第39回ABCお笑いグランプリ|朝日放送テレビ

Laputa「eve ~Last night for you~」

www.youtube.com

絵?エマダラ?斑

絵?エマダラ?斑

 

 

にちようチャップリン お笑い王決定戦2018 7月大会③(第60回)

 

●AMEMIYA(歌ネタ「でっかい男」)66票

天竺鼠(コント「お見舞い」)70票

●たんぽぽ(コント「OLのランチ」)86票

●新作のハーモニカ(漫才「いけないんだ」)72票

いかちゃん(フリップ「おむすびころりん」)78票

●学天即(漫才「小学生みたいな発言」)90票

●ピスタチオ(漫才「コンビニ店員」)72票

 

 

各組一言感想

 

●AMEMIYA

シンプルなあるある羅列ネタ。ドラマ性や裏切り、飛躍した展開がないのは昔のネタを知ってると余計に物足りなく感じる。

 

天竺鼠

かなりエキセントリックな世界ではあるんだけど、天竺鼠がこのくらいぶっ飛んだネタをやるのは通常運転という感じがしてしまう。ここもかつてのネタと比べてしまう所がある。

 

●たんぽぽ

かなり古臭いスタイルのコントだけど、今の時代には新鮮に映る。川村さんの振り切れた演技がいい。

 

●新作のハーモニカ

HBBの漫才に活路はないように思うけど、HBB一本で勝負しているこのスタイルを続けていけば活路は生まれるのかもしれないと思う。

 

いかちゃん

最近のピン芸のなんでもありな自由度の高さはすごいなと。これは評価とか点数の問題じゃなくて、いかちゃんの世界を楽しめるかどうかだけ。これを面白い面白くないの尺度で計るのは野暮だと思う。

 

●学天即

最初のお題で最後まで見たかったけど、触りがあって本題があるという形で不自然さはなかった。小芝居をつっこんでくれ、という件は淡々と進みがちな学天即の漫才に変化が生まれて良かった。

 

●ピスタチオ

白目漫才は喋り方や表情が特徴的で面白いという部分もあるけど、何とも言えない間合いだったり、言葉のチョイスだったり他にない独自のものがある。一発屋のような感じで売れたけど、若いコンビだしまだ漫才の内容が良くなっていきそうな雰囲気を感じた。

 

にちようチャップリン:テレビ東京

 

 

第39回ABCお笑いグランプリの動画

ABCお笑いグランプリ 「1/3」2018 07 08 - 動画 Dailymotion

ABCお笑いグランプリ [2/3] 2018 07 08 - 動画 Dailymotion

ABCお笑いグランプリ「3/3」 2018 07 08 - 動画 Dailymotion

SOPHIA「Believe」

www.youtube.com

little circus

little circus

 

 

音楽の日 2018

To be continued 、楠瀬誠志郎FLYING KIDSのパートをたまたま見る事が出来て良かった。To beはいつ再結成したんだと疑問に思ってたけど、この番組のためだけの復活との事。そして今後活動再開するかもしれないと。3人組だったけど何故か2人しかいなかった。「君だけを見ていた」はやっぱり良い曲だなーと思ったけど、声質が大分変わっていたのは20年以上経ってるんだから当たり前だけど寂しく感じた。一方、楠瀬誠志郎はあまりに声が変わってなくて口パクなのかと思うほどだった。FLYING KIDSはずっと活動していて時々テレビに出ているので、懐かしいという印象はなかった。自分くらいの年代の人(35〜40)が出演ミュージシャンを決める偉い立場になってるんだろうなーと思った。こういう90年代の狭い所を狙うのは良い傾向。別番組だけどこの間の「家、ついて行ってイイですか?」のBe-B出演もすごい嬉しかった。

音楽の日|TBSテレビ

 

 

ゴッドタン この若手知ってんのか2018

 

 

「こいつは天才だ!」と一目置かれている芸人

 

1位 宮下草薙

2位 四千頭身

3位 かが屋

4位 さすらいラビー

5位 ハナコ 

 

今のバラエティで売れそうな芸人

 

1位 EXIT

2位 きしたかの

3位 あがすけ

4位 オッパショ石

5位 Yes!アキト

 

今見逃せない女芸人

 

1位 ソノヘンノ女

2位 ニッキューナナ 斉藤

3位 吉住

 

「とにかくヤバイ」部門

 

1位 ナイチンゲールダンス

2位 はないちご 関谷

3位 サスペンダーズ 古川

 

 

EXITのフリートークが良かった。

ゴッドタン:テレビ東京

THE YELLOW MONKEY「球根」

www.youtube.com

PUNCH DRUNKARD

PUNCH DRUNKARD