キングオブコント2018 ファーストステージ

 

 

ファーストステージ

 

やさしいズ(「会社へ復讐」)419点

マヂカルラブリー(「傘泥棒」)443点

ハナコ(「犬」)464点

さらば青春の光(「予備校」)463点

●だーりんず(「会計」) 437点

●チョコレートプラネット(「脱出ゲーム」)478点

●GAG(「居酒屋アルバイト」)437点

わらふぢなるお(「コンビニ店員」)468点

●ロビンフット(「結婚」)462点

●ザ・ギース(「サイコメトリー」)458点

 

 

 

ファイナルステージ

 

ハナコ(「つかまえて」)472点(合計936点)

わらふぢなるお(「超能力者」)454点(合計922点)

●チョコレートプラネット(「大工の棟梁」)440点(合計918点)

 

 

 

個別のネタの感想ではなく、番組全体の雰囲気から感じた事を順を追って書いていきたい。

 

●大会の雰囲気〜トップバッターやさしいズ

 

松ちゃんが意識的にやっていたお陰で大分和らいだけど、それでも今年のKOCの雰囲気はかつてないほど重かった。ファイナリストシークレットという演出による所もあるけど、何と言っても大会直前に発覚したバナナマン日村さんの淫行報道による影響が大きいと思う。「重い」というより「変な空気」でそれを払拭しきれない状態のままスタートしてしまった。トップバッターで無名のやさしいズは、その変な空気にやられたという感じがしてる。勿論、そんなの関係無しにやり切らなければ勝てないわけだけど、自分はどちらかと言うと、ただでさえ不利なトップバッターにやりにくい空気のままバトンを渡す事になった今回のKOCは準備というか用意としてまずいと思うし、やさしいズに同情してしまう。

ただこのコンビはネタは面白いし、それは今回のネタである程度伝わったと思うし、挽回のチャンスはまだまだある。今回の評価は「キャラネタの人がキャラに入り切れてなかったら評価の仕様がない」という事だと思う。

あと決勝で評価される傾向として、共感性とリアリティがあるか、というのが大きいように今回見て改めて感じたけど、このネタは映画やドラマではありそうだけど、現実にありそうかというと距離を感じる人の方が多いと思うので、題材的にもう少し身近なものの方が良かったのかなという気はしている。

 

マヂカルラブリーハナコ

 

マヂラブは昨年のM-1を経てすごい良い雰囲気になっている。滑っても受けてもOKというポジションは賞レースではありがたい存在。で、そのくだらなさとか、どうでもよさみたいな軽さがこの重苦しい決勝の雰囲気を払拭してくれたと思う。トップがマヂラブだったら大会全体の滑り出しがもっと潤滑だったと思う。キャリアがあるだけあって、どんな状況であれ自分達の空気に持って行ける強さを感じた。ネタも準決勝一日目のものよりも良かったし、来年のKOCもそうだけど、ネタ番組中心に露出が増えると思うと嬉しい。

ハナコは共感しやすいネタでストーリーがシンプルで分りやすかった。これは「犬を飼ってる人あるある」という事じゃなくて「動物が人間と同じように物事を感じていたら」という誰しもが思うあるあるネタだと思う。ファンタジーのようでしっかりとリアルを描いている新しいコント。古典的な設定だけどここまで緻密に描いたコントはなかった。

 

さらば青春の光〜だーりんず

 

今回のさらばは面白いネタ、すごいネタである事は間違いないと思うけど、跳ね切らなかった。共感性とリアリティに欠けるのが要因かなーと思う。「こういう職業の人はいないけど、こういうおじさんはいる」というラインは絶妙と言えば絶妙だけど、「こんな人予備校にいないでしょ」と思われたら終りというか、分からないとかついていけないという感覚の人も出てくる。その発想だったり創作性というのがさらばの魅力ではあるけど、分かりやすい共感性のあるコントと比較するとその辺が嵌り切らない要因になってるように思う。潔く卒業して次のステップに進むのは応援したいとも思うけど、キングにならずに卒業していいのか?という想いの方が強い。だーりんずはオーソドックスなコントを丁寧に作り上げている印象。会場、いくらなんでも受けなさすぎだろうと思うけど、大きな笑いを生んだり新しい感覚が盛り込まれているネタだったりというわけではないので、しょうがないのかなと。決勝二本のネタの平均の高さで勝ち上がったという感じだけど、やはりこの予選のシステムだと「一本目の勝負ネタなのに印象が弱い」という事態を生みやすいので改悪だと思う。まあ今回の一番の改悪は上位3組だけ最終決戦進出にした事で、さらばやロビンフットの二本目を見せられなかった事だけど。一本目が飛び抜けたネタと限らないし、二本目もまちまち、しかも上位3組のみというのは面白いコントを見る大会のシステムとして、以前と比べて悪化してる。ファイナリストが小粒だったという見方も出来るけど、自分にはシステムに対する懐疑心の方が強い。

 

●チョコレートプラネット〜GAG

 

ナンセンスでバカバカしいコントだけど「人の話をちゃんと聞かない」「上手く会話がつながらない」というのは共感性が高くて分かりやすい。審査員が「噛み合ないまま物語が進んで行く面白さ」といったような意味の事を言っててなるほどなあと思った。予選で見た時の方が面白く感じたけど、その一番の要因って決勝の客が若い女性のみ、しかも少ないという所なんじゃないかと思ってる。GAGは特に宮戸さんの女装コントが軸になってからいまいちに感じてるけど、今回のネタは結構良かったと思う。80年代のラブコメみたいな雰囲気とGAGの持ってる垢抜けなさがマッチしていて自然に楽しめた。ワードが強いしストーリーが凝っていて面白い。

 

わらふぢなるお〜ロビンフット

 

わらふぢは予選でこのネタを見た時、はっきりとしたルールやキャラクターがあるネタだから決勝向きに感じたけど、ここまで嵌るとは思わなかった。二人の持っている雰囲気と演じてるキャラクターがすごく合ってると思う。一本調子に「質問」に終始しないで色んな場面があって、それが笑いどころを作ったという感じでは無く、自然なやり取りに感じられて良い。

ロビンフットは、おぐさんの事が本当に大好きで、客観的に見られてない部分もあるのかなとも思ったけど、周囲の人の感想や5ちゃんを見ると評判が良いので嬉しい。自分は1本目で言えばロビンフットが一番良かった。「恋人の年齢を知らない」という出発点から論理をひとつずつ積み上げていって大きな笑いへと膨らませて行くのがすごい。論理的なネタでありながら、年老いた父子の思いやりだったり、優しさが滲み出て人間ドラマになるのはおぐさんの人柄なんだろうと思う。温かい気持ちになって思い切り笑えるいいお笑い、いいコントだと思う。最終決戦に残れなかったのは残念だけど、決勝でこのネタを見れたというだけで満足出来る所があった。

 

●ザ・ギース

そんなに嵌ってない箇所を繰り返してもなーというのが素朴な感想。準決勝一日目に見たエレベーターのコントの方が面白いと思った。ギースはネタの発想や演出が面白いし新しいと思うけど、笑いのセンスの部分で自分とは合わないと感じる。

 

キングオブコント2018

キングオブコント2018 とりあえず

ハナコの二本目が一番面白かった。次はロビンフット、マヂラブ。さらばの二本目を見たかったという思いはあるけど、受け切らなかった印象なので仕方ないのかなあと。やさしいズ、跳ねると思ってたけど呑まれてたな。ネタ自体は良かっただけにやりきれない。

 

キングオブコント2018

GOING UNDER GROUND「胸いっぱい」

www.youtube.com

おやすみモンスター(初回限定盤)

おやすみモンスター(初回限定盤)

 

 

ネタパレ 第59回

 

ショートネタパレード

 

●クロコップ(コント「空手家の子」)

新作のハーモニカ(漫才「いけないんだ」)

●きつね(歌謡漫才「時代」)

●ユースフルデイズ(ミュージカル漫才「相撲」)

フタリシズカ(コント「不登校」)

●永野(コント「関係者席にクワバタオハラを見つけた歌手」)

 

 

銀シャリ(漫才「こどもの遊び」)

●あばれる君(コント「島で一人の医者」)

 

 

ユースフルデイズの漫才を見てると西村ヒロチョを思い出す。気恥ずかしくなるので苦手だ。フタリシズカはABC決勝ネタ、改めて見て素晴らしいネタと思ったけど、若手がいきなりインパクトの強い代表作を作るとその後苦戦するパターンが多いので応援したいけどどうなるんだろう。永野さんはタイトル読み上げの時点で面白くてそれを今からやるの?という感じで、まあいつものパターンではあるけど良かった。何が面白いのか分からないという人の方が正しい気がするが自分はすごい面白かった。銀シャリはつっこみのフレーズ漫才というより、本来はボケとボケつっこみのコンビというのが自然に出ている感じがして良かった。あばれる君は昔の不器用な男が失敗するというタイプのネタの方が好き。今やってるストーリー重視のコントはあばれる君って感じがしない。

 

ネタパレ - フジテレビ

 

 

GOING UNDER GROUND「トワイライト」

www.youtube.com

 

 

にちようチャップリン お笑い王決定戦2018 9月大会③(第68回)

 

さや香(漫才「新垣結衣」)94票

おとぎばなし(漫才「恋愛妄想ショートドラマ」)80票

田中上野(歌+フリップ「ことわざソング」)78票

●電氣ブラン(漫才「歌」)74票

ダンビラムーチョ(漫才「名曲は20」)72票

かもめんたる(コント「嵐の日」)92票

マヂカルラブリー(漫才「算数」)82票

 

 

各組一言感想

 

さや香

容姿や年齢の若さだけではなく、本質的な部分でさわやかさや人当たりの良さを感じる。今回のネタも人に不愉快な思いをさせない、という事が意識的にではなく自然に出ている感じがする。ネタは去年のM-1のようなスタイルがないとコンテストでは埋もれてしまいそうというのが素朴な印象。

 

おとぎばなし

ほのぼの恋愛ショートコント。漫才形式の方が見たかったけど、この脱力する間のブリッジも楽しい。笑いどころが少ない分、点数が伸びないのはしょうがない。

 

田中上野

歌とフリップ、それぞれテイストが全然違うのに不思議とマッチしていて、良いユニットだなーと思ってる。今回のネタは内容がストレートすぎて物足りなかった。

 

●電氣ブラン

パリピ漫才。もっと突き抜けて個性的じゃないとパリピ枠は分捕れない。類型的でそれが見やすいというのもあるけど。

 

 

ダンビラムーチョ

ネタのテーマがよくわからない。バラエティに出た時にやる特技にしか思えず。

 

かもめんたる

 

ここは現役最高峰のコント師の一組だと思ってて、女性受けするような性質じゃないのに高得点を獲得するのは、好き嫌いを超えた凄みみたいなものがあるというのと、ここのお客さんの感受性が高いのとどっちもだと思う。

それを踏まえて言えば、かもめんたるのコントは「気持ち悪い」「変態」「サイコパス」と形容できる異常者というパターンが多く、それがかもめんたるの真骨頂ではあると思うけど、そうじゃない形でないと三度目のKOC決勝、もしくは二度目のKOC優勝はないんじゃないかと思ってる。今のかもめんたるのコントを見ていると、本当にそれを飛び越えて二冠を取りかねない雰囲気を感じる。

 

マヂカルラブリー

こっちのネタを昨年のM-1でやればもっと高評価だったろうなあと思いつつ、最下位になって上沼さんに怒られたのは印象的で意味が大きかった事を思うと結果的にあのネタで良かったんだなあという気がしている。このネタばかりやってるので判断が難しいけど、今年も決勝有力候補の一組であるのは間違いない。

 

 

にちようチャップリン:テレビ東京

 

ネタパレ 第58回

 

ショートネタパレード

 

●インディアンス(漫才「火事現場」)

アルコ&ピース平子(コント「IT社長瀬良明正」)

東京ホテイソン(漫才「イルカショー」)

●や団(コント「殺人現場」)

河邑ミク(コント「野球部の応援」)

●おいでやす小田(フリップ「アクセント」)

 

 

●チョコレートプラネット(コント「カラオケ」)

●カミナリ(漫才「夏の思い出」)

 

 

チョコプラは2014年KOC決勝ネタの新バージョン。予想通りなんだけど楽しかった。カミナリの漫才久々に見た気がするけど、前と変わってる部分が多くて新鮮に見れた。今年のM-1は出ないという話をどこかで聞いたような気がするけど勿体無い出来に感じる。

 

ネタパレ - フジテレビ

キングオブコント2018 順位予想

出番順もやるネタも分からないけど1本目の通過順位予想

 

 

1さらば

2チョコプラ

3ロビン

4やさしいズ

5ギース

6ハナコ

7だーりんず

8わらふぢ

9GAG

10マヂカル

 

 

さらば、ロビン、やさしいズの最終決戦が見たい

 

キングオブコント2018