平成29年度 NHK新人お笑い大賞

 

Aブロック

 

●Aマッソ(コント「旅行代理店」)

●ハナコ(コント「ラーメン屋」)

●アキナ(コント「授業」)6票

●ミキ(漫才「感動した話」)1票

 

 

Bブロック

 

●パーマ大佐(歌ネタ「J-POPの歌詞あるあるの歌」)

てんしとあくま(コント「尻たたき」)1票

●濱田裕太郎(漫談「視覚障害者あるある」)1票

ネルソンズ(コント「新幹線」)4票

 

勝戦

 

●アキナ(コント「 誰」)4票

ネルソンズ(コント「花火大会」)2票

 

 

 各組一言感想

 

Aマッソ

Aマッソは言葉の笑いだから漫才の方が詰まっててしっくりくるんだよなーといういつもの感想。

 

ハナコ

設定の裏切りが分かり辛かったような。

 

アキナ

1本目のネタはすごい面白かったけど、2本目はアキナにしては珍しくナンセンスなネタで見方がよく分からなかった。

 

ミキ

ミキで見たい漫才はこういうテーマじゃないんだよなー。

 

パーマ大佐

J-POP好きとしてはこのネタはちょっと小馬鹿にされているようでどうも好きになれない。好きだからこそこういうネタを作れるというのは分かるんだけど。

 

てんしとあくま

後半の見せ方が面白かった。

 

濱田祐太郎

バリバラでたまにやってるけど、障害者だけの大きなお笑いコンテストがあっても良いと思う。勿論、こういう大会にも参加しつつ。ネタは面白かったけど、どうしても真面目に見てしまう所がある。

 

ネルソンズ

2本共既に見た事のあるネタだったけど、すごく良かったと思う。

 

平成29年度 NHK新人お笑い大賞 - NHK

ghoulspoon「alien magnet」

www.youtube.com

Medication

Medication

 

 

THE MANZAI 2017 プレマスターズ

 

●ミキ(「サザエさん」)

●尼神インター(「店員を注意する」)

●カミナリ(「4コマ漫画」 )

トット(「目玉焼きに何をかけるか」)

●流れ星(「高山祭り」)

ジャルジャル(「決めポーズ」)

かまいたち(「USJ」)

●和牛(「牧場デート」)

ウエストランド(「結婚」)

●アキナ(「ベビーカーで散歩」)

三四郎(「小さいおじさん」)

●Aマッソ(「レナ」)

タイムマシーン3号(「オーダー・ザ・ライス」)

霜降り明星(「体育祭」)

 

THE MANZAI プレミアマスターズ」出場権を掛けた予選会。投票が多かった上位3組が本選に出場出来るというルール。ミキ、かまいたち、和牛が良かった。この3組はこっちのネタをM-1でやっていても良かったと思える位質が高いと感じた。ミキはやっぱりお兄ちゃんが上手過ぎる。ジャルジャルはあのネタの後の2本目と考えると、このネタ以外に考えられない。三四郎がスーマラみたいな形式の漫才をやっていた事に驚いた。

cygames THE MANZAI 2017 プレマスターズ - YouTube

THE MANZAI 2017 - フジテレビ

One Minute Silence「Holyman」

www.youtube.com

バイ・ナウ、セイヴド・レイター

バイ・ナウ、セイヴド・レイター

 

 

ネタパレ 第31回

●ミキ(漫才「三角関係」)

ゆりやんレトリィバァ(コント「オブラート包み川淳二」)

GAG少年楽団(コント「保健室の先生」)

さや香(漫才「歌のお兄さん」)

野性爆弾×ガリットチュウ福島(コント「浜田夫妻」) 

 

ミキはM-1決勝のネタよりも好みだった。「漢字」のネタはくどい感じがした。この番組で野性爆弾の2人が揃ってネタをやってくれたのはすごく嬉しい。もう邦彦おじさんはマンネリを通り越してる。

ネタパレ - フジテレビ

 

女芸人の頂点は!?「THE W」決勝進出者決定!大女子会SP

「女芸人No.1決定戦 THE W」の事前番組。予選敗退者のネタ見せパートがメインというちょっと変わった作りになっている。番組で流れたネタをまとめてみた。

 

売れっ子女芸人勝負ネタ6連発

 

●とんとん(コント「OLの残業」)

石出奈々子(コント「ジブリ風少女のフリップネタ」)

阿佐ヶ谷姉妹(漫才「物件探し」)

●おかずクラブ(コント「王女カリーナ」)

ガンバレルーヤ(コント「夜逃げ」)

●尼神インター(漫才「エロい事を考えてしまう」)

 

新道竜巳セレクト ネクストブレイク

 

●ぼたもちハイビスカス(コント「ボディガード」)

●ザ・アンモナイト(コント「子連れSP」)

●あぁ〜しらき(「男かな女かな」)

●馬嘉鈴(「五十音で印象に残ってる日本語を言う」)

●ゆりありく(コント「お猿警察」)

 

女芸人No.1決定戦 THE W|日本テレビ

住所不定無職「ハッピ! ハッピ! クリスマス! ~サンタが家にやってきた~」

www.youtube.com

トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!

トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!

 

 

女芸人No.1決定戦 THE W

 

ファーストステージ

 

第1試合

●はなしょー(コント「親友の恋」)

●ニッチェ(コント「社長の偵察」)◯

 

第2試合

●アジアン(漫才「褒められた時の対応」)◯

紺野ぶるま(コント「浮気」)

 

第3試合

中村涼子(コント「同棲生活」)

牧野ステテコ(コント「ポールダンサー」)◯

 

第4試合

●まとばゆう(歌ネタ「手短にまとめたい」)◯

●押し出しましょう子(コント「ちゃんこ鍋の相撲大会」)

 

第5試合

どんぐりパワーズ(コント「肥満外来」)

ゆりやんレトリィバァ(コント「ミスコン」)◯

 

最終決戦

 

●ニッチェ(コント「母と子のハートフルコント」)

●アジアン(漫才「曲が頭から離れない」)

牧野ステテコ(コント「ポールダンサー」)

●まとばゆう(歌ネタ「イントロに歌詞をつける」)

ゆりやんレトリィバァ(コント「ドラえもん」)◯

 

 

各組一言感想

 

はなしょー

今回のネタはかなり良かったと思う。好みで言えば、ニッチェのネタよりちょっと好きかもしれない。演技や台詞回し、シンプルなネタだけど展開もめまぐるしくあって、徐々に面白さが深まって行く感じがあった。

 

ニッチェ

 自分の中ではニッチェのネタでは「東京のおばさん」のコントを超えるものを見た事がない。今回のネタもそんなに良かったとは思えず。2本目のネタチョイスはびっくりした。思い入れがあるのか。

 

アジアン

個人的に2本目は良かったけど、1本目はいまいちだった。久々のテレビ出演で新生アジアンが見れるかと思ったけど、隅田さんの容姿を弄るというのは旧来のパターンで期待外れだった。久々にアジアンの漫才が見れて良かった、やっぱり面白いなと思ったけど、平常運転すぎて印象が薄い。

 

紺野ぶるま

去年のR-1決勝のネタより遥かに面白いし、キャラの打ち出し方が上手い。当然勝つものと思って見てた。起業の話が話題変わり過ぎな気はするけど。

 

中村涼子

少女漫画コントを前からやっていたけど、その発展形というか進化形を見たという感じ。やや感情移入してしまうドラマ性に寄ってて、予選でやっていたネタの方がバカバカしさがあり単純に笑えた。今年のR-1ファイナリストの可能性は高いと思う。

 

牧野ステテコ

1本目と2本目を同じネタに揃えたのは良かったと思うけど、1本目の方が少しだけ面白かったので突き抜ける感じがなかった。個人的にはステテコさんに優勝して欲しかったのでもどかしい気持ちで見ていた。一箇所でも大爆発が起きてれば、優勝していたと思う。まあでもこの大会をきっかけに売れるとしたら牧野ステテコだろうし、年末年始の番組にも呼ばれると思うから良かったと思う。

 

まとばゆう

1本目が短くスパッと行くネタだったので2本目がちょっとくどくどしく感じられた。すごく楽しそうに番組出演していたのが印象的。

 

押し出しましょう子

マチュア芸ならではの独自性と空気感があって面白かった。県の職員だけあって真面目に一生懸命やってる姿に好感が持てるし、その真面目さに可笑しみが滲み出ていて良かった。ネタは独特だけどすごくしっかりしている。

 

どんぐりパワーズ

ネタ前のVTRの影響はしょうがないよなーと思う。いきなり出て来てやった方がインパクトはあったけど、ネタ前VTRはあった方が番組は楽しくなる。すごくシンプルなネタだし、VTRがなくても結果が全く異なっていたという事はないと思う。

 

ゆりやんレトリィバァ

1本目は過去ネタ2本を掛け合わせたような内容で、それぞれのネタの良い部分をミックスさせていて新鮮味はなかったけど、質は高かった。2本目は優勝ネタにしては変化球すぎるけど(アニメのパロディに見せ掛けて自虐漫談をやるというのはかなり斬新)ゆりやんに関しては表現力が豊かでいろんな事が器用に出来るというのが強みでパフォーマンスのレベルが抜けてる。何でもありな賞レースで何でもありなこういうネタが優勝するのは相応しい感じはする。MCとの絡みでやってたギャグは、何をやってるのか分かんないのが多かったけど。

 

女芸人No.1決定戦 THE W|日本テレビ

女芸人No.1決定戦 THE W とりあえず

自分はアジアンより紺野ぶるま、まとばゆうより押し出しましょう子の方が面白かった。あと、ニッチェよりはなしょー。

女芸人No.1決定戦 THE W|日本テレビ

 

 

にちようチャップリン 第34回(お笑い王決定戦2017⑦)

 

Mブロック

 

スリムクラブ(漫才「内間」)8点

●TEAM BANANA(漫才「痩せたら美人」)25点

マルセイユ(漫才「放課後デート」)67点

 

Nブロック

 

●インポッシブル(コント「焼き芋」)33点

●マツモトクラブ(コント「タクシー」)39点

さらば青春の光(コント「タイムマシーン」)28点

 

勝戦

 

マルセイユ(漫才「無人島」)52点

●マツモトクラブ(コント「クロワッサン」)48点

 

 

 

各組一言感想

 

スリムクラブ

スリムクラブは場面毎のネタの使い分けが分かりやすい。

 

TEAM BANANA

THE Wの予選会で見たネタだけど、今回の出場者の中で一番良い位のネタだったと思う。 Aマッソや尼神よりも先にM-1ファイナリストになる可能性を感じる。

 

マルセイユ

このコンビならではの何かが乏しい。ギャグがある分、伝わりやすくなってると思う。マルセイユの漫才が勝ち抜けたのを見て「ああこの番組ってオンバトだな」と思った。

 

インポッシブル

インポッシブルのコントを見てるといつも長く感じる。ショートコントのテンポに慣れてるせいもあるけど、そもそもあんまり嵌ってないんだと思う。

 

マツモトクラブ

1本目のネタは初めて見たけどあんまりよく分からなかった。2本目は昔からやってるネタ。

 

さらば青春の光

ブロックの中では一番面白かった。さらばのネタは内容を分かって見ても面白い。前に見た時よりもいやに短く感じた。

 

にちようチャップリン:テレビ東京