ネタパレ 第65回

 

ショートネタパレード

 

●EXIT(漫才「朝の番組の占いコーナー」)

●レインボー(コント「あいのり」)

四千頭身(漫才「正夢」)

ファイヤーサンダー(コント「殺人鬼」)

●まんじゅう大帝国(漫才「謎掛け」)

ジュリエッタ(コント「闘牛士」)

 

さらば青春の光(コント「辞表」)

アインシュタイン(漫才「オラオラ系彼氏」)

 

 

ネタ時間が長かったからというわけではなく、後半ニ組は一段も二段もネタのレベルが高かったと思う。ショートネタの方だとレインボーが楽しかった。

ネタパレ - フジテレビ

 

そろそろにちようチャップリン お笑い王決定戦2018 第7回大会⑦

 

東京ホテイソン(漫才「合コン」)94

ハナコ(コント「休憩室」)94

トット(漫才「反抗期」) 80

 

 

各組一言感想

 

東京ホテイソン

合コンというテーマはありきたりすぎて賞レースでは弾かれるとよく言われるけど、それもあるかもしれないけど、チャラチャラしてるように感じられるのがダメなのかもとも思った。

 

ハナコ

ハナコのコントは余計なものが一切無くて、必要なものは全部あるという感じがする。

 

トット

前に見た時の方が良かったような。ネタの構造が分かり難くなってるように感じた。時間尺による編集の問題かも。

 

そろそろ にちようチャップリン:テレビ東京

 

小島麻由美「ポルターガイスト」

www.youtube.com

愛のポルターガイスト

愛のポルターガイスト

 

 

M-1グランプリ2018 敗者復活戦勝者予想

今年は出番順がランダムの抽選というルール改正があって公平性が増して良いと思う。以下、敗者復活戦出場者。

 

 

金属バット

ニッポンの社長

マユリカ

たくろう

ミキ

からし蓮根

アキナ

侍スライス

プラス・マイナス

ダンビラムーチョ

三四郎

さらば青春の光

インディアンス

ウエストランド

東京ホテイソン

マヂカルラブリー

 

 

各組一言印象

 

金属バット

今年一番決勝で見たかったコンビ。知名度が結果に大きく左右する、ネタ尺が3分という敗者復活戦のルールが不利に働きそう。来年ストレートインで見たい。

 

ニッポンの社長

他もそうだけど、知名度の無い大阪のコンビは難しいと思う。

 

マユリカ

今年の予選動画を見る限りは近い将来のファイナリスト候補だと思う。

 

たくろう

野外向きじゃなさそうだし、知名度の無さも影響して苦戦しそう。ストレートに上がっていれば、跳ねたと思う。

 

ミキ

知名度、人気があって決勝経験もあり、やはりここが大本命になると思う。

 

からし蓮根

数ある中から一組とは成り難そうなタイプ。

 

アキナ

ここも決勝経験組。過去の傾向から、決勝経験組の勝ち上がりが圧倒的に多い事を考えると外せない。

 

侍スライス

三回戦、準々決勝のネタは3分ネタ向きで跳ねる可能性はある。ただ知名度の無さやネタのスタイル的に跳ねても上げて貰えなさそう。

 

プラス・マイナス

ここも有力候補。今年はやけに「ラストイヤー推し」だし、今年の決勝に掛ける思いや熱は他の出場者より強いだろうし、それが伝わる可能性はある。ただ予選動画を見る限りいつものプラスマイナスで、他の和牛、スーマラ、とろサーモン銀シャリ辺りって旧M-1の時と明らかに違って進化を感じるから意義があると思うので、変えずにいつも通りというのが嵌る可能性もあると思うけど、上に上げたグループと比較すると見劣りして感じる部分がある。

 

ダンビラムーチョ

キャラクターコントみたいなネタなので、漫才としての充実感が薄い感じがする。

 

三四郎

旧作ネタや使い回しフレーズが多いのは進化という目線で見ると今上げる意味合いを感じ難い。

 

さらば青春の光

今年の予選動画のネタの印象だとなさそう。

 

インディアンス

過去の敗者復活戦でもそんなに得票を穫っていないのであまり変わらないと思う。

 

ウエストランド

予選動画を見る限り今年は何かを掴んで凄く良くなったという印象は感じない。

 

東京ホテイソン

ここは見てる方が慣れてしまってるからよほど期待を上回るネタじゃないと票に繋がらないと思う。

 

マヂカルラブリー

ここもファイナリスト経験者。ここは予選順位が上位だったと思うし、昨年は嵌らなかったけどKOCで取り返した部分もあって期待感もある。現実的に考える中で一番見たいと思うのはマヂラブ。滑っても二年連続怒られてもきっと面白いと思う。

 

というわけで自分の予想は

 

 

◎ミキ

マヂカルラブリー

△プラスマイナス

×侍スライス

 

 

M-1グランプリ2018 ファイナリスト

 

 

和牛

霜降り明星

ゆにばーす

見取り図

かまいたち

スーパーマラドーナ

ジャルジャル

トム・ブラウン

ギャロップ

 

 

 

うーんまあトムブラウンという遊びがあったのは良かったけどガチガチだなあと、これだけ優勝候補が横一線の状態で何組も並ぶ決勝戦はもしかしたら史上初めてかもしれないという思いもありつつ、上が詰まって若い人が出て来れない寂しさもあり。金属バットは期待したけどあのネタだと2010年のジャルジャルになる気はする。

 

 

M-1グランプリ 公式サイト

スーマラ、霜降り明星、見取り図、トム・ブラウンら「M-1グランプリ2018」決勝進出 - お笑いナタリー

 

Dragon Ash「Cowboy Fuck!」

www.youtube.com

Mustang!

Mustang!

 

 

女芸人決定戦No.1 THE W ファイナリスト

 

・紺野ぶるま

・合わせみそ(おとぎばなし吉田とブラットピーク河田のユニット)

紅しょうが

横澤夏子

・ガンバレルーヤ

・吉住

・あぁ~しらき

・根菜キャバレー(kittanと天野舞のユニット)

・阿佐ヶ谷姉妹

・ゆりやんレトリィバァ

 

今年はTHE Wの予選を観に行けなかった。順当な名前が並ぶ中、根菜キャバレーと合わせみその大抜擢には驚いた。無名芸人による即席コンビが二組決勝に行く賞レースは他にないと思う。根菜キャバレーは今年のM-1の一回戦で見た覚えがある。ゆりやん二連覇は第三回の開催が危ぶまれそうなので、阿佐ヶ谷姉妹紺野ぶるま辺りが優勝すると思う。この大会も去年は初めてでどんなもんかという注目度があって視聴率がKOCより高いという事になっただけで今年は二ケタ行けば御の字だと思う。まあ自分は面白いネタが一本でも多く見れればそれでいい。根菜キャバレーと合わせみそは置いておくとして、既に知名度と実績がある人が多くてあんまりワクワクしないメンバーだ。

 

女芸人No.1決定戦 THE W|日本テレビ

 

【イベントレポート】紅しょうが唖然、Kittan絶叫、しらき大泣き、ぶるま嘘泣き「THE W」会見(写真26枚) - お笑いナタリー

M-1グランプリ2018三回戦GYAO動画

ライブだと何十組見ても集中して見れるんだけど、パソコンの画面で見ると異様に眠くなるのはなんでなんだろう。若い人はそんな事ない気がする。気になった所を先に見たり、トップページから順に見たりと、いい加減な順序で見ているけど、出来れば全組見たいと思ってる。

 

 

今の所自分が好きだった所(順不同)

※これから見るやつは追加していく

 

■東京予選

 

 

 ●がじゅまる ●完熟フレッシュ ●ななまがり ●マヂカルラブリー ●ぺこぱ ●シンクロニシティ ●怪奇!Yes どんぐりRPG ●納言 ●エル・カブキ ●ランジャタイ ●ザ・パーフェクト ●シシガシラ ●侍スライス ●しおゾウ ●アイロンヘッド ●かまいたち ●天竺鼠

 

 

完熟フレッシュの三回戦のネタは良かったと思う。アドリブもあって台本臭さがない。ラストイヤーはレイラちゃん26歳になる計算だけど、どんな風になっていくのか楽しみ。父子家庭漫才も子供が成長して行く漫才コンビというのも異色だし、今後面白い存在になりそう。ぺこぱはこのスタイルの漫才でM-1とは違うルートで売れると思う。シンクロニシティ、納言、しおゾウ、侍スライス、この辺りの無名若手勝ち上がり組が見れるのが三回戦の楽しい所。特に納言、しおゾウ、侍スライスは衝撃的だった。アイロンヘッドは三回戦も準々決勝のネタも、ものすごく自分好み。辻井さんから醸し出される雰囲気で笑ってしまう。

 

■大阪予選

 

 

Dr.ハインリッヒ ●ロングコートダディ ●ヒガシ逢ウサカ ●モンスターエンジン ●スーパーマラドーナ ●マユリカ

 

 

大阪三回戦は気になった所しか見てない。ロングコートダディは準々決勝より三回戦のネタの方が良かった。ハインリッヒとモンエンもそうかもしれない。これから少しずつ見ていく。

 

コント・漫才 | バラエティ | 番組一覧 | 無料動画GYAO!

原田郁子「海からの風」

www.youtube.com

ピアノ

ピアノ