にちようチャップリン 旬の芸人大集結!爆笑!春のネタ祭り15連発

●ロッチ(コント「催眠術」)

コロコロチキチキペッパーズ(コント「パソコン」)

●プラス・マイナス(漫才「音痴」)

●三四郎(漫才「世界最強の男」)

●ニッチェ(コント「猫になったお母さん」)

スピードワゴン(漫才「海の家」)

アンガールズ(コント「ディレクター」)

●流れ星(漫才「幼なじみ」)

●アキラ100%(「絶対に見えないdeSHOW」)

サンシャイン池崎(「でっかい剣を持ってる系男子あるある」)

●ナイツ(漫才「あらかじめ」)

タイムマシーン3号(漫才「一人旅」)

●インディアンス(漫才「デート」)

●インポッシブル(コント「失格シリーズ」)

ダンディ坂野(漫談「最近の話」)

 

「じわじわチャップリン」の後継番組の初回。タイムマシーン3号が面白かった。これまでメインだった若手ネタコーナーは、1分ネタ、毎週2組ずつと縮小される形に。 

にちようチャップリン:テレビ東京

 

たむらぱん「バンブー」

tamuLAPIN(初回盤)

tamuLAPIN(初回盤)

 

 

ロバート秋山七変化(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!)

最近の松ちゃんは色んな人を素直に褒める所はあるけど、それでも同業者の後輩に対して「天才」と言うのは凄いと思った。自分はロバート秋山さんはダウンタウン以降に出て来た芸人で一番くらいに思ってる。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!

新しい波24 第2回

霜降り明星(漫才「アンパンマン」)

●四千頭身(漫才「脳トレ」)

ゆりやんレトリィバァ(コント「漫談家」)

●ブリキカラス(漫才「犬を飼いたい」)

●フレンチぶる(コント「トメ吉と坊ちゃんのお花見」) 

波24メンバーという言い方をするのにメンバーが29組いるのはややこしい。何故24組にしなかったのか。そして29組のうち、26組は芸人で、その26組は一通りはネタをやりそうなのでしばらく見る。

千頭身の漫才が良かった。トリオなのにキャラを立てずに会話の面白さだけで進めて行くのが新しい。これだけ自然な雰囲気で受け答えするつっこみの子は本当に上手いと思う。フレンチぶるはBLコントに迷いがなく、この路線を続ければ一般受けはしなくてもお客さんは入ると思った。

新しい波24 - フジテレビ

BiSH「オーケストラ」

www.youtube.com

KiLLER BiSH

KiLLER BiSH

 

 

関内デビル

喋りの感じを聞いてもしかしたらと思って調べたら、この番組の出演者・大場英二はかつて「saku saku」でジゴロウの声をやっていた黒幕こと菊地ディレクターだった。「saku saku」が終わって途方に暮れてたけど、この番組が始まったのはせめてもの救いかもしれない。

tvk新番組MCは加村真美!さらに“黒幕”も!! | ニュースウォーカー

関内デビル |デジタル3ch テレビ神奈川

トーストを焼き続ける男(探偵!ナイトスクープ)

毎日一枚、異なった内容のトーストを焼き続ける依頼者の話。1500日(約4年)もの間、トーストを作り続けて写真を撮りSNSにアップしているとの事。「中年純情物語」のきよちゃんがかつてやっていた趣味「タミヤ模型改造」もそうだけど、こういうオンリーワンの趣味を持ち人生を豊かにしている大人に憧れる。これは現代アートの領域だと思う。

20170317 トーストを焼き続ける男 - YouTube

朝日放送 | 探偵!ナイトスクープ

その後の中年純情物語(ザ・ノンフィクション)

2015年に放送された「ザ・ノンフィクション 中年純情物語~地下アイドルに恋をして~」の続編。中年男性のきよちゃんが地下アイドルとして活動する小泉りあを応援する日々を綴ったドキュメント。

一途にストイックに好きなものを愛でるきよちゃんと、今、面白いものに対してフレキシブルに対応していくたかさんの生き方とどちらが良いのか突きつけられたように感じた。一本気なきよちゃんの方が評価は当然高くなると思うけど、自分はきよちゃん的生き方に対する憧憬と共に、たかさん的生き方に対する共感も大きくある。

ファンが一人しか居ないアイドルと、そのアイドルを追っかける中年男性の恋愛物語なんてまるでシュールな漫画のよう。この2人が今後どうなっていくのか、気になって仕方が無い。

 

ザ・ノンフィクション その後の中年純情物語 17 04 02 - YouTube

ザ・ノンフィクション - フジテレビ

 

Kaoru Amane「タイヨウのうた」

www.youtube.com

タイヨウのうた (通常盤)

タイヨウのうた (通常盤)

 

 

笑ウせぇるすまんNEW初回

高田純次のED曲は買いたいくらい好き。やはり喪黒福造の声が変わってるのが違和感があって内容があんまり入ってこない。昔の「笑ウせぇるすまん」は子供の頃に見てたからというのもあるけど、何とも言えない恐ろしさがあった。声優交代による所は大きいけど、幾分マイルドになったのは寂しい。なんとなく、WANDSのボーカルが代わって「錆び付いたマシンガンで今を撃ち抜こう」を出した時の事を思い出した。あの曲に関してはボーカルは似てて気付かなかったけど、曲調がハード路線からいきなり初期の爽やかポップスに戻った事に強い違和感を覚えた。

TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」公式サイト