読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI(第2回)

漫才、ピン芸、コントなど様々な形式のネタを競うコンテスト形式の特番。各組感想。

 

■Aブロック

 

タイムマシーン3号

漫才。太らせる能力。去年のM-1決勝で披露したネタと題目も流れも一緒だけど、中身を総取っ替えした新バージョン。折角新ネタをやるなら全く別のものが見たかったのが正直な所で、去年の衝撃とクオリティを超える事は当然なかった。ただこれは案外票が集まるやり方かもしれないという気はする。

ライス

コント。バナナ。昔からやってる代表的なネタ。自分は荒唐無稽なネタが苦手なので何とも言えない。嵌る人は嵌るのかなあというぼんやりした感想しか持てない。

とろサーモン

漫才。クレーマー。久保田さんのキャラを全面に出したDQNクズ漫才。シンプルで見やすかった。ただ気になるのは久保田さんの喋りが、声が小さくボソボソと低音域で喋るので聞き取り辛い所。クリアーにハキハキ喋ったらそれはもうとろサーモンじゃないので、仕方の無い所だと思うけど、なんとなくM-1決勝の舞台に立つ姿が浮かび難いのはそこだと思う。

ジャルジャル

コント。診察室。一つの可笑しさを執拗に繰り返すジャルジャルらしいネタ。自分の好みで言えば、Aブロックはジャルジャルだったけど、KOC決勝に返り咲くには、全然違う新しい方向に向かってるようなネタじゃないと難しい気はする。

 

 

■Bブロック

 

横澤夏子

コント。クッキングスタジオ。隙間無く一人喋りで間を埋め尽くしても不自然に感じさせない雰囲気は流石。一人で延々喋ってるおしゃべりな女子ってこんな感じだよなーと思う。ただここも最近のネタを見せて欲しかったなー。

笑撃戦隊

漫才。先につっこんで後からボケる。これもタイマと同様、同じ形式の漫才の新ネタバージョン。面白い箇所はいくつかあったけど、自分はこのスタイルの漫才を見るのがしんどくなって来てる。

ニッチェ

コント。検尿再検査。ドリフターズに通じるシンプルで分かりやすいドタバタコント。ベタで古臭いかなと思ったけど、ズレコントの要素があったり、切り返しの言葉が面白かったりして後半ぐんぐん印象が良くなって行った。オチの江上さんの顔は漫画で素晴らしかった。このブロックはニッチェが一番良かった。

ZAZY

フリップ漫談。いねぇ奴。しょうもないんだけど笑っちゃう。シュールなネタを分かりやすい形で見せてる。こないだのキャラパレードでやったネタがすごい良かったけど、このネタも良かった。ネタバレさえしてなければR-1の決勝に今までも上がれたと思うし、来年以降何度か上がる事になりそう。

 

 

■Cブロック

 

ダイアン

漫才。カリスマ美容師。このネタ何度か見てるけど、こんな感じだったっけ?と思う位全然嵌らなかった。馬鹿よ貴方はの殺伐とした感じは好きなんだけど、この西澤さんのキャラはただただ不愉快に感じる。

さらば青春の光

コント。パワースポット。良いネタだから注目度の高いゴールデンの番組で披露出来て良かったという思いと、一発勝負の大会では既にテレビ露出のあるネタは受けが半減するよなという思いと半々。東口さんの演技がちょっと不安定だった。

錦鯉

漫才。選挙演説。東京のライブシーンで無双状態なのも納得の漫才だった。キャリアが長いだけあって、演技もネタ構成も巧み。今年のM-1決勝の場にいる事が想像出来る漫才だった。

レイザーラモン

コント。ドナルド・トランプ。今年のKOC予選でめちゃくちゃ受けてたけど落とされたというのはこのネタかな。トランプネタは何かで見たけど、設定からオチまでこんなしっかりした内容のコントだと思ってなかった。レイザーラモンらしく場を盛り上げてくれた。視聴者投票でここが勝ち上がるのは当然。

 

■決勝戦

 

タイムマシーン3号

漫才。眼鏡。自分はタイマの漫才でこのネタが一番好き。関さんの演技力はすごいわ。圧倒される。

笑撃戦隊

漫才。先につっこんで後からボケる(童話編)。前にやってた桃太郎縛りのネタより良かったけど、ぶつ切り感が強いなとも。

レイザーラモン

漫才。HGコレクション。THE MANZAI2013の決勝でやったやつの新バージョン。レイザーラモンの宴会芸って漫才だと間延びして感じる。

 

笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI - フジテレビ