読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倉本美津留の太鼓判 ~本当におもしろい芸人のネタだけ!~vol.3 B回感想

 倉本美津留の企画ライブ。B回を見たのでその感想。ネタ演目は以下。

マヂカルラブリー(漫才「天然おバカさんキャラ」)

かもめんたる(コント「朝の情報番組」)

POISON GIRL BAND(漫才「ポエム〜ものまね」)

笑い飯(漫才「蚊」)

マヂカルラブリー(漫才「轢かれそうになってる子供を助ける」)

かもめんたる(コント「大食いの人(エグイ人)」)

POISON GIRL BAND(漫才「ヒーローインタビュー」)

笑い飯(漫才「タトゥー」)

●Aマッソ(漫才「推理」)

マヂカルラブリー(漫才「算数が苦手」)

かもめんたる(コント「フードファイターと妻」)

POISON GIRL BAND(漫才「ドカベン」)

笑い飯(漫才「ぞうさん」)

マヂカルラブリー

 マヂラヴは昔よりシンプルで面白くなってる。M-1などの漫才大会の決勝に行けず日の目を見ないまま長い時間が経過してる事が理不尽に感じるほど個性的でインパクトの強い漫才をしてる。特に2本目に披露した「子供を助ける」ネタ。繰り返しネタは嵌らないか飽きられるかが殆どなのに、2回3回4回…と繰り返して行くうちに笑いが大きく増幅して行くのが凄かった。

かもめんたる

かもめんたるはDVDやライブで見ている事もあり、「ライブのかもめんたるの凄さ」はわかっているつもりだけど、それでも圧倒された。特に2本目の「大食いの人」。見知らぬ工務店にふらっと現れた客でもない男が聞かれもしないのに自身の大食いの美学を流暢に語り出すというナチュラルな狂気が堪らなく心地良かった。かもめんたるのコントは普通の人々の普通の会話のやり取りの中に人間誰しもが持つ、異常性が顔をのぞかせる。そこに引き込まれる。「フードファイターと妻」は「傍から見たらわけわからない夫婦だけど、本人達がOKなら第三者が口を挟むのは野暮」というのをこの2人を見て思い続けられるのか試されてるような気がした。

 ●POISON GIRL BAND

毎回ポイズンが目当てで来てて前2回は抜群に面白かったからハードル上げ過ぎなのかもしれないけど、今回は今ひとつだったと思う。旧作ネタ「詩」「ものまね」「漫画」はあまりに有名で(このライブに来る人は半数くらいは知ってると思う)動画サイトに上がってるから違うネタが見たかったというのが痛いファンの本音。「詩」は昔のバージョン(Youtubeにあるやつ)の方がしっくり来て面白いと思う。「ものまね」は今まで見た中で一番面白かったかもしれない。五木ひろしをああいう形で広げるとは思わなかった。「ものまね」の所でアドリブのやり取りがあったのも良かった。こういうのは漫才ならでは。新作ネタという「ヒーローインタビュー」がいまいちで受けも弱かったし、自分も嵌らなかった。所々良かったけど、ポイズンらしさがあまり感じられなかった。「阿部ちゃんのパワープレイ」か「不条理な会話をぼそぼそと」がポイズンの良さだと思うんだけどどちらでも無い感じがした。そもそもワンシチュエーションで沢山ボケるみたいなネタが好きじゃないのもある。

笑い飯

笑い飯はそこまで好きじゃなくて1本目2本目は「まあ笑い飯だな」くらいの感じで見てたけど、3本目の「ぞうさん」のネタは凄かった。「ハッピーバースデー」「すし太郎」のネタのように歌を交互にアレンジしていくネタなんだけど、長尺という事もあり、果てしなくバカになっていくのが堪らなく面白かった。このライブに出てくる芸人全部にいえる事だけど、テレビだとあんまり伝わらないのはネタ時間による所はあると思う。「ぞうさん」は前のパート(童話)とあわせると15分くらいやってたけど、笑い飯とかポイズンの漫才ってその位の時間でじっくり見るのが一番面白い。

Aマッソ

A回の出演者でありながら特別出演。ベタなテーマで自分達の色を出す漫才をしたいみたいな事を何かで話してたけど、今回のネタもオーソドックスなクイズネタでありながら、Aマッソならではの視点で描かれた個性的な漫才だった。この人達は特別マニアックな事を言ってるわけじゃなくて、自分達の言葉できちんと話してるんだと思う。そこに嘘がない感じが好き。どことも被らないように言葉選びを精査してる所も素晴らしいと思う。作り物っぽいネタや他で見た事のあるようなボケやつっこみフレーズはAマッソの漫才やこのライブに出てくる芸人のネタを見たら、アホらしくて見ていられなくなる。