宇多田ヒカル「BADモード」

www.youtube.com

 

爆笑問題の検索ちゃんネタ祭り2021 実力派芸人大集合SP 

 

●見取り図(漫才「地元凱旋」)

空気階段(コント「SD」)

●オードリー(漫才「ゴルフ」)

東京03(コント「セカンドプロポーズ」)

●ロバート(「コント「イイダ」)

●ナイツ(漫才「サイン」)

●トム・ブラウン(漫才「ポンデライオン」)

友近(コント「お茶屋の女将」)

古坂大魔王×東×土田(「懐かしショートコント」)

爆笑問題(漫才「2021年振り返り」)

 

 

見取り図は昨年のM-1準決勝ネタ。このネタだったら、上位3組に入った可能性があったと思う。ロバートのコント、こういう感じのよくわからない、何の会社なんだろうと思うような企業CMって自分が子供の頃によくあった。地方だけなのかもしれないけど。壮大で抽象的な感じの。

 

 

爆笑問題の検索ちゃん|テレビ朝日

 

コンフィデンスマンJP

再放送をしてくれてありがたい。全話見たけど、録画し損ねてる回が結構ある。再放送を見て改めて「運勢編」と「ロマンス編」は格段に素晴らしい出来だと思った。「運勢編」の北村一輝の演技が本当にハマり役で良い。通常回は一回見ただけの回が多くてあまり覚えてないけど、「美術商編」「家族編」「コンフィデンスマン編」あたりが良かった気がする。「英雄編」は公開1週間くらいしたら見に行こうと思う。

 

コンフィデンスマンJP - フジテレビ

 

さんまのまんま新春SP 2022年

 

●TCクラクション(漫才「人生は何が起こるかわからない」)

●無限グットマン(「彼女にふられた体操選手のパフォーマンス」)

●ハイツ友の会(漫才「同窓会」)

●下川はじメロディ(「あだ名ベスト5」)

 

個性派ぞろいのメンバーでそれぞれ面白かった。無限グットマン、自分の好みではないけど、他にないピンネタの表現という感じがして妙に印象に残っている。TCクラクションのこのネタはM-1の予選動画で見たけど、テレビ越しに見ると一層良く感じられて、近い将来にM-1決勝に上がっている姿が想像できる漫才だった。

さんまのまんま | 関西テレビ放送 カンテレ

おもしろ荘 2022年 元旦特別編 

 

●ブラゴーリ(コント「最強の動物」)

●ハナイチゴ(漫才「スナックのママ」)

●三匹(コント「魚人」)

●ゆめちゃん(「シカゴ」)〇

●あっぱれ婦人会(コント「合コン」)

ニュートンズ(コント「モノマネ歌合戦」)

●マリーマリー(コント「父と娘」)

●チカトプライド(「高身長」)

スナフキンズ(漫才「合コンの誘い」)

●ぱーてぃーちゃん(漫才「コンビニ」)

 

 

おもしろ荘 歌謡祭

●ねこ屋敷(「100人に1人」)

シマッシュレコード(「あくまでもイメージ」)〇

●衝撃デリバリー(「カラオケの合いの手」)

●片倉ブリザード(「チョコレート」)

 

 

自分が全組から3組を選ぶなら、三匹、マリーマリー、ぱーてぃーちゃん。他もみんな良かったのでしいて言えばになるけど。各組感想を一言ずつ。ブラゴーリ。M-1の予選動画で見た時はちょっと浮いて感じたけど、こういうメジャーな番組のトップバッターに合ったわかりやすくて楽しいネタだと思った。最近の漫才は理屈や論理で話を進めるコンビが多い中、バカネタを大真面目にやりきる姿が清々しい。ハナイチゴはネタのシステムの発明もすごいけど、関谷さんに大人の女性の色気と愛嬌があって良い。心の声で毒づく設定のネタで「悪口を言われてもニコニコしてる」ので優しく見える。三匹はあのお面が語るシーンのインパクトが強かった。ファンタジックでかわいい世界なのに自然な雰囲気に見えた。小道具がちゃんとしてたり、役柄に無理がない。ゆめちゃんはキャラクターとかネタとか一番わかりやすくてお笑いっぽい感じだったのかなあというくらいであんまりわかんない。あっぱれ婦人会は叫びが強くてちょっと聞き取りづらい所があったのが残念だったけど、すごくいいネタだし、また見たくなる中毒性がある。あの年齢の女性が声を張り上げてハイテンションで動きまくるというのはなかなか見れるものじゃない。ニュートンズは歌のインパクトと、出演者に弄られてた鳩さんのキャラクター。トリオとしてというより鳩さんは続けて行けば絶対に売れるチャンスが来ると思う。俳優さんとかでも行けそうだし。

マリーマリーはネタを見たのは初めてだったけど、面白過ぎてびっくりした。ボケの女の子の表現力の高さ、声を張る大げさなつっこみでそれに見合った強いフレーズで爆笑を起こすつっこみ。コンビバランスがいい。ネタからなんとなく父子の仲の良さを感じさせるのも良い。今回のおもしろ荘は半数の組に女性メンバーが居るんだけど、それぞれに女性ならではの魅力を感じた。女性芸人ブームとか女性芸人の時代というのは、性別に関係なく、男性芸人と同じように女性芸人が活躍することなんだなと思う。自分は男性芸人でもできるネタより女性芸人ならではのネタの方が見たいと思う。チカトプライド。かつてのコンビ、ヤマメは正直覚えてないけど、ウケるネタの作り方を明確に持っている感じがする。スナフキンズ。M-1予選でお気に入りだったコンビ。ただおもしろ荘だと個性強いメンツに押されてちょっと地味に感じられたかも。このネタしか見たことがないので、今後の漫才が楽しみなコンビの一組。ぱーてぃーちゃんは、いわゆる漫才として見ると異端だけど、異端な3人が演じるギャル×チャラ男漫才の台本としては完璧なような気がして、ネタを作っているであろう男性に才覚を感じる。ボケとつっこみのやり取り自体は、いわゆる漫才に則っていて見やすい。つっこみの時に3人で決めポーズを合わせるという斬新な演出もこの3人がやると違和感がなく、楽しくなってくる。

 

おもしろ荘2022|ぐるナイ|日本テレビ